江戸のコーデリア・グレイ、颯爽と登場9/11発売「よろず屋お市 深川事件帖」(ハヤカワ時代ミステリ文庫)

9/11発売されます「よろず屋お市 深川事件帖」(ハヤカワ時代ミステリ文庫)。あらすじは以下になります。

幼い頃、実の父母が不審な死に方をしたお市は、岡っ引きの万七に引き取られ、たくましく育つ。が、その万七が大川で不審な死を遂げた。哀しみの中、お市は万七のよろず請負い稼業を継ぐ。駆け落ち娘の行方捜し、不義密通の事実、記憶のない女の身元、ありえぬ水死の謎――難事にお市は独り挑む。行動派人情派の事件帖!

これを読んでピンと来た方もいらっしゃると思いますが、本作「よろず屋お市 深川事件帖」は、わたしが偏愛するあの名作P.D.ジェイムズ「女には向かない職業」(ハヤカワ・ミステリ文庫) へのオマージュです。主人公のお市は、もちろんコーデリア・グレイをモデルに書きました。

とは言っても、時代も、国も違いますから、当然、その造形は異なってきますし、キャラクターは違う面を持ってきます。ただ、それでも、書いている時は、常にコーデリアのことが頭に浮かんでいました。

江戸のコーデリア・グレイ、お市が颯爽と登場!

「よろず屋お市 深川事件帖」ご期待下さい!

 

「よろず屋お市 深川事件帖」

https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000014317.html

「女には向かない職業」

https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000005274/shurui_6/page3/brandname/

f:id:ryuichihonda:20190809161638j:plain

 

「よろず屋お市 深川事件帖」ハヤカワ時代ミステリ文庫創刊第一弾として発売!

特報です!

早川書房様が新レーベル「ハヤカワ時代ミステリ文庫」を創刊されます。

そして第一弾として「よろず屋お市 深川事件帖」が9/10発売となります。

幼い頃、実の父母が不審な死に方をしたお市は、岡っ引きの万七に引き取られ、たくましく育つ。が、その万七が大川で不審な死を遂げた。哀しみの中、お市は万七のよろず請負い稼業を継ぐ。駆け落ち娘の行方捜し、不義密通の事実、記憶のない女の身元、ありえぬ水死の謎――難事にお市は独り挑む。行動派人情派の事件帖!

江戸の女性私立探偵、お市が颯爽と登場します!

何卒よろしくお願いいたします。

書影イラストは、ヤマモトマサアキ先生です。月をバックに橋の上に立つ主人公のお市の姿が、とても凛としていて格好いいです。

f:id:ryuichihonda:20190809161638j:plain

 

色紙、ポップなど御展開いただける書店様、御連絡くださいませ。  

【書店様へ】

24日発売「日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪」(角川文庫)に関しまして、

色紙、ポップなど御展開いただける書店様がございましたら、リプやDMでお報せいただければ幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

f:id:ryuichihonda:20190701180054j:plain

 

7月新刊二冊「日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪」と「最後の大疾走 御庭番闇日記三」

7月は新刊が二冊出ます。

7月11日「最後の大疾走 御庭番闇日記三」(双葉文庫)

f:id:ryuichihonda:20190704201759j:plain

 

7月24日「日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪」(角川文庫)

 

f:id:ryuichihonda:20190701180054j:plain

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【特報】 7月24日、第二弾「日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪」(角川文庫)発売!

【特報】あの清兵衛が再び大奮闘! 

7月24日、第二弾

「日本一の商人 茜屋清兵衛、危機一髪」(角川文庫)発売! 

f:id:ryuichihonda:20190625170247j:plain


ご期待ください!

新年度にあたって

4月1日であり、新年度を迎える。と言っても、小説家は他の方々に比べて、新年度だからどうということもあまり無いが、それだからこそ、あえて年度はじめの意気込みを少々。

今年度は「強く」をキーワードにしようと思う。

これには、体調を整えるとか、筋力アップするとか、肉体的に「強く」なるという意味がまず含まれている。体を少し鍛えたいとも思う。肉体的な衰えというよりも、もっとパワーをつければまた何かあるのではと思っているので、是非とも鍛えたい。

次に、当然、メンタル面も「強く」なりたい。メンタルと言っても、様々な意味合いがあるが、とにかくどんな場面でも「強く」ありたいと思う。具体的なことはあげにくいが、内的にも外的にも「強く」生きていきたいと考えている。少し強気な生き方をしてみたいのです。

そして、最後にと言うか、最も大事なことだが、仕事面でも「強く」なりたい。これまた、色々な意味があるが、とにかく作家として「強く」なったなと自分で感じられるように、更には他人から言われるようにしたいと思う。

以上、年度初めの決意でした

新刊「漆黒に駆ける 御庭番闇日記【二】」(双葉文庫) 14日発売です!! 

【拡散していただければ幸いです】
新刊「漆黒に駆ける 御庭番闇日記【二】」(双葉文庫
14日発売です!! 
好評いただいた第一弾より、更に大きな相手や厄介なこと
に村垣範正が挑みます。
もちろん各章のゲストは、いつものごとく多種多様、
推理が楽しめます。何卒よろしくお願いいたします。

f:id:ryuichihonda:20190313155108j:plain